うつ病の症状を理解してくれる人を見つけましょう

うつ病と課題

うつ病が社会的にも課題として

日本の経済成長や技術の向上により多くの日本では、先進国の仲間入りを果しました。しかし、その一方で、ストレス社会による精神的な障害が多く発生しているとも言われています。 うつ病も一般的に知られるようになった疾患です。この疾患は、精神的及び身体的な症状が様々あり、患者本人にとってもその家族にとっても大変辛い疾患です。特に本人や周辺の関係者のにおいては、「周りの人にその苦しみを理解してもらえない」事がもっとも辛いのです。これからもこれらの疾患患者は、益々増える事が予測され、社会的な問題となっています。 解決するための課題として、仕事上、家庭内等あらゆる環境が関与してきます。 また、治療に関しても社会復帰をするまでにも時間を要してしまいます。当然のことながら、治療費用についても期間とともにかかります。

状況により接する人も注意

うつ病の状況により接する人も注意が必要です。うつ病患者への接し方は、以前では世間的にも知られていないために、うつ症状特有の意欲の無さやネガティブな発言に対して、「励ます事や言葉」が使われてきました。はしかし、最近ではそれらは間違った接し方であるということが知られています。励ましたりするという接し方は、逆に患者本人にとっては追い込むという結果を招いてしまいます。時には、言葉の暴力へと感じてしまう事もあるのです。また、うつ病患者では、その症状が日動変動するという事もよく理解しておく必要があります。朝は、意欲が無く元気が無い状態でも、夕方になると段々と良くなってくる症状の事です。この症状は、うつ病の特徴でもあります。 周りの人がうつ病の症状をよく理解しておく事が必要で、少しでもその症状に異変を感じたのならば、早期に専門医への受診が重要です。