うつ病の症状を理解してくれる人を見つけましょう

うつ病の症状と治療方法について。

うつ病の診断

心から来る身体の重みはうつ病の症状なのかもしれません。辛い状態から抜け出す為にコチラに相談してみませんか?

うつ病だと診断してもらうサービスを利用するには

うつ病だと診断してもらうには、心療内科の受診が必要になります。心療内科というと特別なイメージがある人が多いですが、受診の方法は他の科とだいたい同じです。まず、窓口で保健所を出し、渡された問診票に住所や氏名や既往歴や現在の症状などを記入して、提出します。そして、待合室で待っていると、順番になったら名前が呼ばれます。そうしたら診察室に、招き入れられるのです。診察では医師の質問に答えていき、症状を説明します。臨床心理士やカウンセラーのカウンセリングを、受ける事ができる病院もあります。心を扱う医療なので、スタッフの人も優しい人ばかりです。そのため、肩の力を抜いて、安心した気持ちで訪れることができます。

症状の改善のため人気の方法はなぜ選ばれているのか

症状の改善のためによく用いられている方法はなぜ選ばれたのかというと、続けやすいからです。自分に合っている方法を選ぶべきなのです。症状の経過は三つの時期に分かれます。一つ目は急性期です。うつ病だと診断を受けてから、薬を飲み始め、うつ病の症状を改善させるための治療期間です。症状が重くてとてもつらい時期になりますが、あせらずじっくりとうつ病と向き合っていくことが望ましいです。二つ目は回復期です。元の生活に戻るための治療期間で、徐々に慣らしていくことが大切です。和らいで安定してくる時期で、焦らないことが求められてきます。三つ目は再発予防です。ぶり返しやすい病気なので、自分では治療の必要がないと感じても、医師の指示に従うべきなのです。

うつ病の方との接し方

うつ病は心が風邪をひいた状態だとよく例えられます。事実、精神面だけでなく身体的にも症状が現れて生活や仕事にも影響します。 精神面での症状としては、何もする気が起きない、理由も無く不安にかられる、自分の考えに自信が持てなくなる、悲観的に考える、興味の喪失、集中力の低下、等がみられます。 身体的には睡眠障害、疲労感、倦怠感、食欲の低下、頭痛、腹痛などです。 これらは脳の機能が低下してしまい、体のコントロールを失っている状態で起こる症状です。 いつものような活動が出来なくなりますが、休んでいるわけではありません。 そのため、周囲が頑張らせようとすると脳にかかるストレスが大きくなり症状が悪化する恐れがあります。またうつ病には波があるため一時的に回復したように感じることもありますが、完治には時間のかかる病気だという事を周囲の人は配慮してあげる必要があります。

症状を和らげるには病気を知る事が大切

うつ病は神経伝達物質の不足により起こるとも言われています。抗うつ剤と呼ばれるものは一度出た伝達物質が、使われないまま元の神経細胞に戻ってしまうのを防ぐ役割を果たすものです。専門医が適切な量を処方してくれるので、症状が落ち着いても自己判断で薬の量を減らしたりやめたりしないようにしましょう。 うつ病は完治に時間がかかる病気ですから、周囲の理解も必要です。仕事には段階的に復帰する事を説明して、無理に復帰を焦らないようにします。 患者は自分の体が思い通りに動かせない事に焦りといらだち、仕事を休む事には罪悪感を持っています。精神的な負担をなるべく減らしてゆっくりと休養できる環境を作ることが治療には大切だと言えます。

うつ病の病院

うつ病と診断されたときは、まずは病院選びが重要になってくるでしょう。うつ病は病気であるもののまだまだ医療界でも完全に周知がされているわけではなく、専門的な病院での通院が重要です。

▶ READ MORE

うつ病の症状

うつ病かなと感じたときはまず自分が鬱病であるのか否かの判断が必要でしょう。このセルフチェックが出来ていなければ病院に行くことも出来ません。常に気力がないという場合は要注意です。

▶ READ MORE

うつ病の理解

うつ病と聞くと精神疾患と安易に感じてしまうこともあるでしょうが、基本的に脳神経系の病気であり通常の病気のように治療が必要です。正しい理解と知識が大切になってきます。

▶ READ MORE

うつ病ならでは

うつ病は精神的な落ち込みやイライラといった表面的な内部の症状がほとんどですが、身体的な外傷が出てくる場合もあります。この外傷には人それぞれでおかしいと感じたら早めの受診が大切です。

▶ READ MORE

うつ病と課題

うつ病はストレス社会の現代においてはいかに周知するか、そして治療方法と正しい知識を広めるかが大切であり社会的な課題です。国や自治体単位での行動も大切ですが個々の理解も大切でしょう。

▶ READ MORE